「整体」と「マッサージ」の違い

「整体」と「マッサージ」と「整骨」と「カイロ」など何がちがうのか説明します。

各々医療レベルで見ていくと医療行為のもとの医療類似行為のものと医療でない行為に区分できます。医療行為は病院の整形外科など骨折やリウマチ、痛風など、骨や関節と筋肉のパフォーマンスの改善を目的としています。国民健康保険を利用することができます。

次に、医療類似行為は「接骨院」や「整骨院」や「鍼灸」や「あんまマッサージ指圧師」が当てはまります。軽い捻挫や打撲といった急性で私的でのケガが、国民健康保険の利用ができます。仕事中や通勤途中でのケガは労災になります。

「接骨院」と「整骨院」は実質同じ趣旨で、<柔道整復師>という国家資格を持った人のみが言えます。基本は急性の軽いケガに応対しますが、後に解説する「整体」も兼ね備えるところが多いので、まぎわらしいポイントです。

「鍼灸」は、中国発祥のツボに熱を持った鍼をさして刺激する手法です。

「あんまマッサージ指圧師」は、文字通りマッサージのプロです。

「マッサージ」に違う言葉を付け加えると、「あんまマッサージ指圧」となりますが別物です。最後に、医療行為でないものに「整体」「整体院」「カイロプラクティック」「マッサージ」「リフレクソロジスト」などがあります。「整体」と「整体院」は同じ意味です。これらは、慢性疾患に対する<治療>を目的にしています。

最近では患者さんを得るために、「接骨院・整骨院」と「整体」が同設していたりもします。

加えて、先ほどの<柔道整復師>の国家資格を持っている人が「整体」を名乗っている事もあります。「カイロプラクティック」は米国発祥で、背骨と頸椎に対する技術を中心にした技術です。米国ではれっきとした国家資格を持つことが必要なのですが、日本においては民間認定資格のみある状況です。「リフレクソロジスト」もアメリカ発祥で、足裏の反射を刺激するものです。「マッサージ」は、リラクゼーションなどの<慰安>を目的とした行為です。筋肉のもみほぐしや、アロママッサージ、オイルマッサージなども当てはまります。

「整体」と「マッサージ」を両方扱っていたり、複合したメニューを備えるところも多々あるので、『自身が何を目的にしているか』をはっきりしておくと探しやすくなります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です