心地良いマッサージは雰囲気作りから

マッサージを行う際、雰囲気作りというのも重要になってきます。
というのもマッサージの効果を高めるためには、まずリラックスすることが大切だからです。
リラックスできる雰囲気作りには、どのような要素が大切になってくるかを見ていきましょう。

・音
静かな空間が基本です。
不快に感じる音が流れているようでは、リラックスするのは難しいでしょう。
また、ヒーリング音・水の音や森の音といった環境音などを流すというのも効果的かもしれません。
他にも自分がくつろげるような音楽(できれば優しめのものがリラックスしやすいと言われています)を流してみるのもよいでしょう。

・照明
蛍光灯の強い光は、私たちが思っている以上に神経や筋肉の緊張を招いたり、ストレスの原因となっていたりするケースも多くなります。
そのためマッサージの際、照明に気を配ることでも効果につなげやすくなるでしょう。
いつもと同じ自宅の部屋でも、照明を少し暗めにしてみたり、スポット的な優しい光のライトに切り替えてみたりすることで、通常時と違う優しい光を浴びやすくなります。
これにより、自然とリラックスしやすい環境が整う可能性が高くなるのです。

・香り
アロマなどで自分が心地良く感じる香りを演出するのも効果的です。
好みが分からない方は、店などで「リラックスする香り」と銘打たれているものを試してみるのもよいかもしれません。
店にもよりますが、お試しサイズの小さめなタイプも多いので、マッサージの時にいくつか香りを試し、自分がリラックスできると思うものを気分によって使い分けていくのもよいでしょう。

・温度や湿度
エアコンなどを使い、快適な温度や湿度をキープしましょう。

・椅子やクッション
座り心地がよいところに座って行うことで、よりリラックス効果が高まるでしょう。